養子縁組を迎える

不妊をしたにもかかわらず、子供ができずに女性も高齢でこれ以上は不妊治療をしても子供を望めない場合は養子をもらうという方法があります。不妊治療は終わりの見えない道であるといわれ最終的には数百万の費用をかけても子供に恵まれないということがよくあるようです。それだけでなく不妊治療では男女ともに妊娠しやすくするために大量の薬や注射をします。そのためお金がかかることにより精神的、そして薬により肉体的にも辛く厳しいことが続くと言われています。

いつまで「ふたり」で生きていくのか。私が不妊治療を始め、諦めた理由https://telling.asahi.com/article/12087528

しかし、どの夫婦でも養子縁組を迎えることができるのかというわけではなくしっかりとした事前調査が行われると言います。長年の不妊治療の果てに養子縁組を迎えたご夫婦などはもっと早くに養子縁組を選択するべきだったという声もあります。海外などでは日本ほどに家族の結びつきが弱いとされて養子縁組を迎える夫婦が多いと言います。特に富裕層などでは金銭的な余裕から養子を迎えることに対して前向きな考えを持っていることが多いようです。

【特別養子縁組】インタビュー:子どもを迎えて人生が変わったhttps://www.asahi.com/ads/kazoku/contents/interview01/